夢叶ストーリー
ファッションデザイナー編

小さい頃からオシャレすることが大好きだった私。夢は服飾デザイナーになること。
でも、どうやったらなれるのか、まったく分かりませんでした。
とにかく行動を起こさなければ何も始まらない。いろんな学校の資料を集めて検討した結果、アミューズメントメディア総合学院ファッションデザイン学科を選びました。

ファッションデザイン学科の授業はとっても面白かったです。かなりマジメに出席してました。やっぱり好きなことなら頑張れちゃいますね。
入学して間もない頃、ファッション業界にはデザイナー以外にも沢山の職種があることを授業で習いました。マーチャンダイザーやファッション誌編集者、バイヤー、ファッションプランナー…。可能性は無限に広がってるんだな〜とワクワク!!
インターンシップ制度も活用し、アパレル業界に飛び込んでみました。実際の社会をプレ体験できたことは貴重でした。社員の方と話す機会も多かったんで、現場の話をしつこいぐらいに聞いて、「やっぱりデザイナーになりたい」って意思を再確認。

二年間の学生生活で自信もついた気がします。
気合を入れて就職活動に挑み、見事、第一志望のブランドメーカーの内定をゲット!
バッグやジュエリーが有名な、女の子憧れの人気ブランドのデザイナー職です。新シリーズが出ると必ず1アイテムは買うくらい大ファンだったから、就職が決まった時は涙が出ました。
研修期間を経て、バッグのデザイン開発セクションに配属。これも希望が通ってラッキー!!
試作品にダメ出しされたり、先輩との力の差を見せ付けられて凹むこともあったけど、必死に実務を覚えていきました。
働きはじめのころ、学校の授業で習ったことがスゴク役立ちましたね。先輩たちの話すファッション業界用語もだいたい知ってました。
二年間マジメに授業に出て勉強して、ホント良かったです(笑)。

新人デザイナーにも早々とチャンスを与えてくれる会社なので、私のデザインしたバッグも商品化されることになりました。制作期間中はタイヘンだったけど、なんとか商品完成!!

ショップで実際に私のデザインしたバッグが店頭に並んでいるのを見て、まず感動。そして20代前半と思われるOL風の女性がソレを手に取っているのを見たとき、プロのデザイナーになったんだ〜と実感しました。
「売れ行き好調で追加注文が相次いでるよ」って販売セクションから報告を受けたときは、嬉しかったですし、達成感がありましたね。
よーし、ヒット商品を次から次へと世に送り出してやる!いずれは看板デザイナー!夢は膨らむばかりです。

⇒自分の夢を叶える

copyright(c)2007 AMUSEMENT MEDIA ACADEMY